デジタルヘルス 27日残っています

テクノロジーはどうすれば総合的な方法で痛みを最小化するサポ―トができるでしょうか?

12,500€
27日残っています
イラストレーション - 著作

55から75歳の人口は多くの国で増加傾向にあるセグメントです。 彼らは大変アクティブで、健康上の問題が、自分がしたいことをすることを妨げることを許しません。 彼ら一部は、前の世代のように年を取りたくないと感じています。 眼前には美しい未来が広がり、最大限に生きていきたいと思っています。 慢性的な背中の痛み、関節痛または関節炎痛によってアクティビティと生活が制限されることも受け入れません! しかし一方で、他のピルや薬に頼ることにも興味はありません。 多くの痛みに対し悩みを持つ人は、そのほかのバイオメトリックではないもので、痛みを予測し、管理できるものを求めています。

同時に、これから実用される技術は社会と個人による直接使用に対して、素晴らしい機会を作りだしています。 デジタルとデータは私たちの日常に大きな影響をもたらします。 現在家の暖房を、Wifiを通じて管理すること、スマートウォッチから銀行の口座をチェックすること、もしくは携帯からスニーカーを注文することは人々の間でも一般的になりました。

私たちのスポンサーは製薬業界における大手企業で消費者にやさしい技術を利用し、痛みに悩んでいる55歳以上の人々をサポートしたいと思っています。

お手伝いしてもらえますか? 慢性的な背中の痛みおよび関節/関節炎痛を監視もしくは管理するための、革新的な新しいソリューションを作ることで、未来のペインリリーフを発明しましょう。

フォーマット : 最大5 ページのプレゼンテーション