癌患者を助ける コンテスト終了

癌患者が医師や愛する人達に痛みを訴え、よりよい治療を受けられるように働きかけましょう。

15,000€
コンテストは2015年03月25日(水)に終了しました
ビデオ

絶えず感じられるしつこい鈍痛や不意にやってくる鋭い痛みの波など、癌患者は病気や治療による様々な種類の痛みを経験します。西洋では患者が苦しさを伝えるのは普通のことですが、日本では経験している痛みについて話すのは普遍ではありません。患者は自分達に何か悪いところがあって、癌治療が終了させられてしまうだろうと考え、医師に話すことを恐れ、黙って痛みに耐えるのです。彼らはまた家族に心配をかけないように、強く見せたり、あまり不満を言わないようにしなければならないと感じています。

癌患者の信念を変え、彼らが主治医を信頼し、体調や痛みについて正直になるように働きかけるビデオを制作してください。 

形式: ビデオまたはアニメーション